フォトブックを作る上で、避けて通れないのが「自分で作る」ということ(一部サービスを除く)。基本的にはどのフォトブックサービスも丁寧な解説をWeb上に用意してあり、PC操作に慣れている方であれば困ることは少ないかと思います。

ただし、PCに慣れてない方にとっては、操作が上手くいかずに作れないということにもなるかも知れません。ここではそんな「作成に不安を感じている方」に向けて、フォトブック作成の難易度を比較してみたいと思います。

以下、簡単に作れる順に載せています。

※ PCに慣れている管理人には、どのサービスも最初から問題なく作ることが出来ました。一応ですが自慢ではありません(笑)

No.1 AutoAlbum

AutoAlbumでフォトブックを作るのは非常に簡単です。写真を用意し、公式サイトの指示にしたがっているだけで作れてしまいます。PC操作に自信がない方でも、おそらく問題なく作れるでしょう。自分で作成する形式のフォトブックで、最も簡単に作れるサービスの一つと言えるでしょう。また、時間が無く、手早く作りたいという方にもお勧めです。

ただし、必ず知っておいて欲しい注意点が一つ。それは『文字が入れられない』ということ。写真に一言コメントを入れて作りたいという方は、AutoAlbumは使用しないでください。

AutoAlbumの詳細を見る

No.2 フエルフォトブック

こちらもAutoAlbumほどではありませんが、かなり簡単に作れます。Web上の操作も慣れれば感覚的に使えますし、PC初心者の方でも安心して使えるように、公式ページには詳しい作成方法が載っています。こちらを見ることで、特に問題も起こらずに作れると思います。

フエルフォトブックの詳細を見る

No.3 フジフイルム

フジフイルムには2種類の作成方法があります。一つはソフトをダウンロードして作る【通常タイプ】。こちらは少々難しいかも知れませんが、慣れれば十分に使いこなせるはずです。機能を全て使えるため、PCに慣れている人はコチラで作ることをお勧めします。

もう一つの作成方法が、Web上で作れる【簡単作成タイプ】。こちらは非常に簡単に作れる上に、作成時に的確なアドバイスが表示されるので、迷うことなく作ることが出来ます。通常タイプと比べると少し自由度に制限がありますが、PC操作に自信が無い方でも問題なく作れるため、積極的に使ってみるのも良いと思います。また、ソフトをダウンロードしたくないという方も、簡単作成タイプはお勧めです。

フジフイルムの詳細を見る

No.4 MyBook

この4つの中では一番難しいであろうフォトブックサービスがMyBookです。PCに普段から触っている方ならば、ホームページ上の説明を読むだけで作れると思いますが、少々慣れるまで時間がかかるかも知れません。PC初心者の方は、このマイブックの作り方を見ながら、間違えないようにゆっくりと作ることをお勧めします。

ただし、MyBookはテンプレートの質が非常に良いため、余計な操作をしなくても十分に素晴らしい仕上がりが期待できます。結局はMyBookで簡単に作ったとしても、質の高いモノが作れてしまうという結果になることが多いです。

MyBookの詳細を見る